夏バテ気味の体には・・・

8/8晩御飯
a0152391_21324445.jpg

焼き豚
ピーマンの甘辛炒め
インゲンの胡麻和え
切り昆布と豚バラの炒め煮
冷奴
らっきょう

らっきょうの効能
らっきょうは殺菌効果、利尿、発汗、整腸作用があり、昔から薬用植物として 広く利用されてきました。
栄養価にすぐれ、なかでも薬効成分のアリシンは殺菌効果だけでなく、 ビタミンB1の吸収を助け、疲労回復、スタミナアップの強い味方です。

と言う事で、一日3つ食べたらいいよって言うらっきょうを3つ~5つ、食卓に出してます。
ここで豚肉料理などを出すと、もっといいんだよね。
少し、夏バテ気味の旦那に・・・

ちなみに旦那、昔はらっきょうスキじゃなかったのに、最近は・・・
「おれこの最近、らっきょうがうまいと思うわ」
だって・・・
だからね・・・
「年とったんじゃない???」って言ってあげた(笑)
私は昔からスキ~、こんな事なら、来年かららっきょう漬けようっと。

8/9晩御飯
a0152391_21394540.jpg

ゴーヤチャンプル
キュウリ・人参・竹輪の酢の物
焼きナス
納豆
らっきょう

夏ばてに効くゴーヤーのパワーは
ビタミンCは、心身のストレスや疲労回復する働きがあります。ゴーヤーには、1本につきレモン約2個分、ほうれん草の約2倍に相当する豊富なビタミンCが含まれています。しかも、ビタミンCは熱に弱いものですが、ゴーヤーに含まれるビタミンCだけは、加熱しても壊れ難い特徴があります。

ビタミンCのような抗酸化物質を含む植物性食品は、動物性食品と一緒に組み合わせると、さらに抗酸化力がアップするという性質があります。
さらに、ゴーヤーには、β-カロチンやビタミンB1、またカリウム、リン、鉄分などミネラル類も豊富。体のむくみをとり、疲労を回復してくれるため、夏バテ防止に大いに役立つそうですよ。


夏バテ気味の旦那の体には、ピッタリかな。
私はこの手の野菜は平気なんだけど、旦那は苦手・・・なので豚肉たっぷり入れて。
豆腐が無かったので、厚揚げで代用してます(笑)
けど意外にいけた(笑)
後は酢の物、体に酢を補給しなきゃねぇ~。
夏場は酢のなくなりが早い我が家です。
後は、納豆のネバネバ効果を期待して~。
体にいいものを・・・と思って作ってはいるんですけどねぇ~。

さてと・・・明日の晩御飯は何にしようかな(笑)
毎日そんな事ばっかり、考えてますけど(笑)




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by k-sayu | 2011-08-09 21:45 | ご飯

気ままに毎日を綴るブログです、使用カメラはニコンD90・オリンパスPEN・PENTAX I-10です。


by sayu
プロフィールを見る
画像一覧